私は自分自身を職人気質のデザイナーだと思っています。私のデザイン哲学に物作りは不可欠なものです。服の着心地は重要です。いつも服は私の想い描いたままであってほしいと思っていて、つまりそれは、スタイルがリラックスしていて、息吹を感じるナチュラルなものだということです。メンズウエアはその構造、着心地、そして機能的なところがとても興味深く、そのためメンズウエアをデザインすることから始めましたが、その後、女性達もそのようなウエアを求めていると感じたのです。

自然や人々そして場所から感じる「本質や真実」から、私はいつもインスピレーションを得ています。それは、手織りのハリスツイードや不規則にスラブの入ったアイリッシュリネンの手触りなど、コレクションの素材を選ぶ時も同じ感覚です。このような生地を織っている職人と、そこに広がる風景との繋がりを考えると胸が熱くなります。

ジョンスメドレーが作るファインゲージのニットや、工程に手作業を残しているマッキントッシュのレインコート、世界で最高のカシミア生産を今も受け継ぐスコットランドのニット工場など、物作りの過程や素材のクオリティへの情熱を理解し共有してくれるサプライヤーと仕事をすることが好きなのです。

素晴らしいクオリティを見いだすのは私自身のコレクションに限ったことではありません。そもそもデザイナーになったのは、1970年にチャリティーバザーで見つけた古いけれど縫い目が繊細なピンストライプのシャツがきっかけです。今でも作りがよく長持ちするものを探すことが好きです。特に、アングルポイズのランプや、アーコールの家具、ロバート・ウェルシュのステンレス製カトラリーなど、ミッドセンチュリーのプロダクトは機能的でタイムレスなデザインを受け継ぐ代表的な作品です。

英国の伝統やクオリティ、技術を、現在の世界で着る「服」に加えて作り上げることが喜びです。優れたデザインは考え抜かれたスタイルと共にあるのです。

— マーガレット・ハウエル