Snow PeakとMHLに通じ合う「実用性」

Snow PeakとMHLに通じ合う「実用性」

この2018年秋冬シーズンに、MHLは日本を代表するアウトドアメーカーであるSnow Peakとのコラボレーションアイテムを発売します。

1958年創業のSnow Peakのプロダクトには、数あるアウトドアメーカーの中でも際立って独創的な実用性があります。それは自然と向き合う「野遊び」の中で、ユーザーとして、自ら欲しいものをつくる、というものづくりの精神によるものです。
古くから金属加工業が根付き、現在では世界レベルの技術を誇る新潟県燕三条を拠点とするSnow Peakが展開するプロダクトは、代表的なテントやタープ、焚火台などを始め数千種類にも及び、その全てに同社が掲げる「人生に、野遊びを。」という大事なメッセージが込められています。また2014年秋冬シーズンに立ち上げられたそのアパレルラインでは、伝統的な技術とテクノロジーを駆使した実用的かつ遊び心溢れるコレクションを展開しています。

そんなSnow PeakとMHLには「実用性に基づいたものづくり」をしているという根源的な共通性があります。そしてその視点からのものづくりには細部への心配りが非常に重要であり、ほんのわずかな「差異」が実際に着用したときに大きな意味を持ちます。

例えばウェアやトラウザーズなどのボタンやポケットの形や大きさや位置や付け方、縫製に用いられる糸の太さやステッチ幅の間隔などは、たった数ミリの違いで使い心地や強度、全体の印象に大きな影響をもたらします。また素材や生地においても糸の性質や織り方、編み方のわずかな差異が着用時の性能や見た目の印象に影響します。

MHLとSnow Peakのものづくりにおいてはそう言った「細部への実用的なこだわり」が積み重なって、現代的なワークウェアとして設計されています。その機能性を充分に咀嚼しながら、双方の遊び心を活かしたのが今回のコラボレーションアイテムです。
そんなSnow PeakとMHLには「実用性に基づいたものづくり」をしているという根源的な共通性があります。そしてその視点からのものづくりには細部への心配りが非常に重要であり、ほんのわずかな「差異」が実際に着用したときに大きな意味を持ちます。
例えばウェアやトラウザーズなどのボタンやポケットの形や大きさや位置や付け方、縫製に用いられる糸の太さやステッチ幅の間隔などは、たった数ミリの違いで使い心地や強度、全体の印象に大きな影響をもたらします。また素材や生地においても糸の性質や織り方、編み方のわずかな差異が着用時の性能や見た目の印象に影響します。
MHLとSnow Peakのものづくりにおいてはそう言った「細部への実用的なこだわり」が積み重なって、現代的なワークウェアとして設計されています。その機能性を充分に咀嚼しながら、双方の遊び心を活かしたのが今回のコラボレーションアイテムです。

今回MHLがコラボレーションを行った「TAKIBIシリーズ」とは、キャンプシーンの象徴でもある「焚火」のシーンをイメージしたカテゴリーであり、その主な素材として燃えにくい難燃加工が施されたコットンダック地が用いられています。多目的なビッグダブルポケットが特徴的なジャケットは、薪をくべたり料理をしたり、様々な野遊びのシーンの中での作業に適したパターン設計となっており、ゆとりのあるリラックスしたシルエットです。セットアップにもなる同素材のトラウザーズやスカートにも同じように収納力に優れたビッグポケットのディテールを搭載。また双方のロゴマークが配されたチタニウム製の軽量なマグカップは普段使いからアウトドアシーンまで幅広く活躍してくれます。

今シーズン初の試みとなるこのコラボレーションをどうぞお楽しみください。

今回MHLがコラボレーションを行った「TAKIBIシリーズ」とは、キャンプシーンの象徴でもある「焚火」のシーンをイメージしたカテゴリーであり、その主な素材として燃えにくい難燃加工が施されたコットンダック地が用いられています。多目的なビッグダブルポケットが特徴的なジャケットは、薪をくべたり料理をしたり、様々な野遊びのシーンの中での作業に適したパターン設計となっており、ゆとりのあるリラックスしたシルエットです。セットアップにもなる同素材のトラウザーズやスカートにも同じように収納力に優れたビッグポケットのディテールを搭載。また双方のロゴマークが配されたチタニウム製の軽量なマグカップは普段使いからアウトドアシーンまで幅広く活躍してくれます。

今シーズン初の試みとなるこのコラボレーションをどうぞお楽しみください。