ARCHIVE FABRIC COLLECTION

ARCHIVE FABRIC COLLECTION

8 JUNE, 2022

ARCHIVE FABRIC COLLECTION
生地から始まるデザインをかたちに

マーガレット・ハウエルにとって生地を選ぶことは、デザインの出発点です。素材から、いやもっと前に遡って、原料となる糸の細さや太さ、それを織る織機のスピードまで。そうした細部にこだわることで導き出された表情が、シルエットやディテールのインスピレーションへとつながり、服が作られていく。わたしたちは生地を大切にする強い想いを共有したい。それがこの「ARCHIVE FABRIC COLLECTION」のはじまりです。

WIDE PJ STRIPE COTTON SHIRT
パジャマのようなストライプを施した上質なコットンシャンブレー。かすかなムラ感が、平滑な生地に表情を作り出しています。厚み、丸さ、幅をミリ単位でこだわったシェルボタンが、リラックスなムードを高めます。
LIGHT COTTON LINEN TWILL TROUSERS
コットンとリネン糸を高密度で打ち込んだ、コシのある平滑なツイル生地にタンブラー加工を施し、柔らかくフィニッシュ。スマートで丸みを帯びた、トラウザーズの美しいフォルムが際立つファブリックです。
COTTON LINEN CHAMBRAY SHIRT
コットンの経糸と、コットンとリネンを引き揃えた2本の緯糸によるシャンブレー生地は、軽さと通気性が特徴。リネン独特のフシが、見た目も涼を感じる夏向けのファブリック。胸についた大きめのポケットが印象的。
COTTON LINEN PLAIN WEAVE TROUSERS
薄手で軽くしなやかなのに、タフ。タンブラー加工で自然な風合いをもたせた生地は、夏のトラウザーズに最適です。大きなパッチポケットや太いベルトループ、随所のスティッチが、カジュアルな雰囲気に。
COTTON LINEN CHAMBRAY SHIRT
コットンの経糸と、コットンとリネンを引き揃えた2本の緯糸によるシャンブレー生地は、軽さと通気性が特徴。リネン独特のフシが、見た目も涼を感じる夏らしいファブリック。袖をまくったラフな着こなしがおすすめです。
SILK COTTON SHIRT
一般的に生地は表に出る経糸が風合いや見た目に強く影響します。シルクを経糸に使ったシルクコットンは、大胆に洗い加工を施し、光沢が掠れて白っぽく見える表情にこだわりました。着用を繰り返すほどに愛着が湧く、独特な風合いです。

残ってしまった生地に
時代を添えて再生する

マーガレット・ハウエルで使っている生地のほとんどは、定番として使い続けているものばかり。しかし糸の使い方、柄の種類、シーズンに適した色などの小さな変化を、毎シーズン繰り返しています。だからものづくりを続けていく中で、どうしても残っていく生地をどうすべきか。ただ廃棄するのではなく、常に新鮮なものとしてあり続けるために、今のシルエットやディテールに落とし込み、今の気分を作り出しました。そして、生地に対する深いこだわりを知ってもらうために、ブランドを象徴するシャツをコレクションの主役に据えています。

SUMMER COTTON RAMIE OXFORD SHIRT
古くは着物にも使われてきた、麻の一種であるラミー。コットンと混紡することで、凛とした強さの中に柔らかさを表現しました。仕上げにバイオ加工を施し、オックスフォード地にしなやかな膨らみをもたせています。
PLAIN COMPACT COTTON SHIRT
毛羽が少なく、滑らかな生地の表面が美しいプレインコンパクトコットン。細番手の糸を高密度で織り、揉み込むように洗うタンブラー加工を施しました。ヘーゼルカラーが相まってナチュラルな雰囲気を醸しています。
SUMMER COTTON RAMIE OXFORD SHIRT
古くは着物にも使われてきた、麻の一種であるラミー。コットンと交織することで、凛とした強さの中に柔らかさを表現しました。仕上げにバイオ加工を施し、オックスフォード地にしなやかな膨らみをもたせています。
FINE END ON END COTTON SHIRT
非常に細番手のコットン糸を使った、平織りのファブリックは、刷毛目のような味わいのある柄が特徴。双糸と単系を組み合わせて、生地表面に凹凸感を作りました。上質さとラフさ、相反する要素をバランスよく表現しています。
SUMMER WOOL SHIRT
光沢やドレープが美しい極細の糸を使用したサマーウール。英国の老舗ファクトリー、フォックスブラザーズ社による夏のスーツに選ばれるファブリックです。シャツはジャケット工場に縫製を依頼し、アウターらしい顔つきとキャラクターをもたせました。
SIMPLE COTTON CHECK SHIRT
マーガレット・ハウエルと長くコミュニケーションを育んできたトーマスメイソン社による生地。細番手の糸を高密度で織ったツイル地は、薄くてハリがあります。グレー系とグリーン系の2色をグリッドで配した、さりげない彩りが特徴です。
SHEER COTTON SHIRT
豊富な天然資源に恵まれたスイスで作られる高品質なコットン糸によるシアコットン。透け感のある生地に加工でツヤを際立たせています。タンクトップを中に重ねた、カジュアルな着こなしが今の気分。

流行を追い求めずに
時代に寄り添っていく

私たちの服は、アーカイヴを使ってもアンティークショップに並ぶ古着のように見えることはありません。それはマーガレット・ハウエルがはじまって50年以上の間、トレンドに影響されず、生地にムードを足していくプロセスをずっと続けてきたから。時代に合わせていくことと、流行を追い続けることは、似て非なるものです。そんな服作りを過去の生地で表現することで、その魅力にたしかな輪郭を作っています。

VINTAGE STRIPE SHIRT
水と空気に恵まれたスイスにある、一貫生産にこだわり、いちはやく環境と向き合ってきたメーカーによる生地。シルクのような艶を帯びたコットンに、クラシックなメンズシャツを連想させるストライプ柄を載せました。
PLAIN LINEN SHIRT
数十年以上、仕上げの妙で時代の表情を作り続けている、大切なファブリックです。こちらは最後の工程でリネン特有の毛羽を焼き、クリーンに仕上げました。まるでジャケットを着ているようなフラットな質感のシャツです。
GRAPH CHECK SHIRT
ドレスシャツに使われる繊細な生地をカジュアルシャツに用いました。ポケットやボタンなどディテールの存在感を強調させ、方眼紙のような控えめのグラフチェックとの関係にコントラストを作っています。
PLAIN COMPACT COTTON SHIRT
メンズのシャツでも使われている、毛羽が少なく滑らかな生地の表面が美しいプレインコンパクトコットン。細番手の糸を高密度で織り上げ、タンブラーで揉み込むように洗い加工を施しました。ヘーゼルカラーが相まって、自然な雰囲気を醸しています。
SUMMER WOOL SHORTS
光沢やドレープが美しい、フォックスブラザーズ社のサマーウール。紳士の夏のスーツに選ばれる英国生地で、ヴィンテージのグルカショーツをリファレンスに、あえてテーラードファブリックで制作。構築的なフォルムが魅力です。

全LOOK税込みの価格になります。

COLUMN, メイン